なんで? どうして? それってホント?

今まで何も疑問に思わずスルーしていた事に対して、改めて調査・確認してみるブログです。

GEWAのバイオリンケースは使いやすいです!

GEWAのバイオリンケース、思いきって購入して正解でした。

 

f:id:akira-fj:20200703062050j:plain


今まで使用していたバイオリンケースもGEWAですが、初心者用というか、入門者用のケースでしたので、新しい肩当てが収納できずに大変でした。

 

 

GEWAバイオリンケースはこんな感じ

 

外観 

 

今回購入したバイオリンケースはoblong(角型)のケースです。外観がこんな感じです。

 

f:id:akira-fj:20200704190058j:plain

 

ポリカーボネート製で耐久性に優れています。ケースを開けるとこんな感じです。

 

f:id:akira-fj:20200704190437j:plain

 

角型なので、ネック部分には結構余裕があります。

 

肩当ての収納

 

今まで使っていたケースで問題となっていた「肩当て」の収納も、この通り余裕で収まります。

 

f:id:akira-fj:20200704190613j:plain

 

ケースの開閉

 

今まで使用していたケースはジッパーだったので、ケースを閉じるときに少し面倒な感じがありましたが、今回のケースはバックルなので、ケースを閉じるアクションが簡素化され楽になりました。

 

f:id:akira-fj:20200704190844j:plain

 

小物の収納 

 

小物入れも大容量が確保されていますので、色々な小物を入れても余裕です。

 

と言っても、入れるものは、チューナー、松ヤニ、サイレンサー、くらいなものですが・・・

 

f:id:akira-fj:20200704191031j:plain

 

 

GEWAのケースのお気に入りポイント

 

今回購入したGEWAのバイオリンケースで気に入っている点は、次の二点です。

 

楽譜入れ 

 

一点目は「楽譜入れ」があることです。こんな感じです。

 

f:id:akira-fj:20200704191235j:plain

 

今までは、バイオリン本体(ケース)とは別に楽譜を持って練習に行っていたのですが、楽譜が結構かさばります。雨の日は、傘を持ったりするので特に大変です。

 

今回のケースが楽譜入れがケース本体に装着できるので、写真の通り、運ぶ際にとても重宝します。

 

バイオリンケースを立てかけられる

 

二点目は、ケースを縦に立てることができる点です。写真のように、ケースの横に足が付いています。

 

f:id:akira-fj:20200704191622j:plain


この足のおかげて、ケースを縦に立てかけることが可能です。

 

こんな感じに。

 

f:id:akira-fj:20200704191710j:plain

 

縦に立てかけられるメリットは、例えば、音楽練習室を利用した際の「お支払い」の際に、カウンター横にケースを置くときに、とても重宝します。

 

今まではケースを床に寝かせて置いたり、肩に掛けて、会計を済ませていましたが、今回のケースの場合は、横に立てかけられるので、とても便利です。

 

まとめ

 

GEWAのoblong(角型)のバイオリンケースを購入した感想ですが、とても満足しています。

 

重量に関しては、今まで使用していたケースと比べると少し重いですが、移動はほとんど車を使いますので、それほど気になりません。

 

後は、しっかり練習して、バイオリンの腕をあげるのみ!です。